小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター お電話0359585512
ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。

膝蓋骨内方脱臼に対する脛骨粗面転移術(整形外科、膝、後肢、パテラ)

膝蓋骨脱臼(膝のお皿の骨の脱臼、パテラ)は小型犬でよく見られる整形外科疾患ですが、中〜大型犬や猫でも見られます。

原因はその子によって様々ですが、その一つに膝関節のアライメント不整が挙げられます。
膝関節は①大腿部(太もも)の筋肉、②膝蓋靭帯、③膝蓋骨、④脛骨粗面(膝蓋靱帯の脛骨への付着部)の4つが大腿骨の中心線上に一列に整列することにより、膝関節曲げ伸ばしがスムーズに行えます。


膝蓋骨脱臼がある子の中には、もともとの足の構造として脛骨粗面が内側にあることにより、この4つの配列が内側に引っ張られ、結果として膝蓋骨が内方に脱臼しやすくなっている子がいます。
このような場合、脛骨粗面を一部骨切りし、内側に移動させた上でピンで固定する手技【脛骨粗面転移術】を行います。

これにより4つの構造が大腿骨の中心線上に再整列され、脱臼を整復することができます。
左:脛骨粗面転移術後  右:術前
左:脛骨粗面転移術後  右:術前
執筆担当:獣医師 多喜
小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センタートップページ
東京都豊島区高田3-20-11
TEL 03-5958-5512 
Email: otakibashigroup@yahoo.co.jp