小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センター お電話0359585512
ここでは特徴的な症例について、一部をご紹介いたします。
※手術の写真を掲載しておりますので、苦手な方はご注意ください。
小滝橋動物病院グループ全体の外科症例件数については、>こちらをご参照ください。

猫の膝蓋骨脱臼の1例(膝、後肢、パテラ)

膝蓋骨脱臼は犬(特に小型犬)で最も多く見られる整形外科疾患の1つであり、その多くは生まれ持っての解剖学的な問題による先天性のものです。稀ではありますが猫でも見られます。

膝蓋骨(パテラ)とはいわゆる膝のお皿の骨のことであり、膝関節の屈伸時に大腿骨(モモの骨)の溝(大腿骨滑車溝)の中を滑ることによって、膝関節の動きを滑らかにするというという重要な役割を果たしています。
この膝蓋骨が溝から滑り落ちてしまった状態(多くは内側)が膝蓋骨脱臼です。

もともと滑車溝が浅かったり、筋肉のバランスが悪かったり、股関節の問題が付随していたりと、その原因は様々であり、 多くの子は複数の原因の結果、膝蓋骨脱臼が起こっています。

多くの子は痛みは伴いませんが、違和感でうまく歩けなかったり、脱臼と整復を繰り返すことによって骨が擦れ関節炎が進行したり、成長期の子がこの疾患を抱えている場合、成長と共に骨が曲がってきてしまうこともあります。また、加齢に伴い膝の靭帯(前十字靭帯)に負担がかかり、いずれ損傷を起こし、全く肢を使えなくなってしまう危険性もあります。


今回紹介する猫ちゃんは、高い所から落ちてしまった後から左の後肢の跛行が時折見られるという主訴で来院されました。

後肢を正面から撮影しているX線を見比べると、右後肢は膝蓋骨(赤丸)が大腿骨の中央に位置し滑車溝にはまっているのに対し、左後肢の膝蓋骨(赤丸)は内側に位置(内方脱臼)しているのが分かるかと思います。

各種検査より、この子の跛行の原因は膝蓋骨内方脱臼に起因するものと判断し、外科的に整復する事となりました。
術中写真は大腿骨の滑車溝を深くするための造溝術の様子です。

当院では犬では四角くブロック状に骨を切って溝を造るブロック法で行いますが、猫では骨のかたちや硬さを考慮し、楔形に切るウエッジ法を採用することが多いです。


術前(右)・術後(左)のX線写真を比べると、術後では膝蓋骨がしっかりと大腿骨の真ん中に位置し、脱臼が整復されているのがお分かりいただけるかと思います。

術後の経過は良好であり、今では跛行も見られなくなっています。
執筆担当:獣医師 多喜
小滝橋動物病院 新目白通り第2高度医療センタートップページ
東京都豊島区高田3-20-11
TEL 03-5958-5512 
Email: otakibashigroup@yahoo.co.jp